朱漆と黒漆の万年筆

あと2本、漆塗りの万年筆が届きました。漆の定番色、朱漆と黒漆です。スティロアート軽井沢に今年の3月に注文しました。漆塗りは、木曽の漆芸家 根岸修氏によるものです。

黒漆と朱漆の万年筆

黒漆と朱漆の万年筆

パイロットのNAMIKIブランドにURUSHI COLLECTIONというシリーズがあります。このシリーズにラインナップされている朱漆や黒漆の万年筆がずっと欲しかったのですが、価格が高すぎて手が届きません。また、ペン先に極細がなかったり、ペン先が撓らないといったことも不満でした。そこで、スティロアート軽井沢にこの2本を作ってもらいました。

黒漆と朱漆の万年筆

黒漆と朱漆の万年筆

黒漆と朱漆の万年筆

黒漆と朱漆の万年筆

朱漆の色合いは、URUSHI COLLECTIONの朱よりもちょっと暗めでしぶい朱色です。

木地溜塗りと同様に、キャップと胴軸の長さの比率は白銀比(1:1.414)にしてもらいました。

黒漆と朱漆の万年筆

首軸にはカスタム743EFを装着。これもペン習字に使います。

黒漆と朱漆の万年筆

黒漆と朱漆の万年筆

木地溜塗りと昨年作ってもらった赤溜塗りといっしょに、漆塗りの4本を記念撮影しました。

黒漆と朱漆の万年筆

次は、青い漆を塗ってもらおうかな~。

朱漆と黒漆の万年筆」への2件のフィードバック

  1. さいしん

    お久しぶりです。いつも拝読しています!

    それにしても,う,美しい…!
    見ていて惚れ惚れする逸品ですね。
    いや〜,羨ましいです(^_^)

    返信
  2. くりぼん 投稿作成者

    さいしんさん、コメント、ありがとうございます!

    装飾がまったくないシンプルな万年筆もいいもんですよね。
    この万年筆を見慣れると、クリップやキャップリングがある普通の万年筆が過飾に思えてきます。

    見た目だけでなく、触感もたまらないのです。
    見た目は飽きてきたりしますが、触感というのはなかなか飽きがきません。(^_^)
    漆塗りはオススメですよ~。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>