わかくさコンクールの案内が届きました

パイロットペン習字通信講座事務局から「わかくさコンクール」の案内が届きました。

わかくさコンクール

今年のコンクールの課題は、百人一首から伊勢大輔(いせのたいふ)の「いにしへの 奈良のみやこの八重桜 けふこゝのへに匂ひぬるかな」です。つまり、和歌の散らし書きです。書写検定の自由作品では、漢詩や現代詩を選択してきましたから、書写検定の講習会では、和歌の書き方の講義を真面目に聞いていませんでした。(^_^;)

これはまずいということで、参考書を何冊か買ってきました。

わかくさコンクール

津田静鳳先生が書かれた本も購入してきました。津田先生は、狩田巻山先生に師事された方で、書写検定の夏期大講習会で講義を受けたことがあります。

わかくさコンクール

これから散らし書きの勉強を一からして、どんな作品が出来あがるかなぁ。他に良い参考書をご存じな方がいましたら、教えてくださ~い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>