つけペンのキャップ

つけペンの軸は、東京スライダのSL1994を愛用しています。今までは、このペン軸にプラチナ万年筆のデスクペン(DP-1000ANやKDP-3000A)のキャップを装着していました。

つけペンのキャップ

タチカワのペン軸T-40に付属している透明キャップがSL1994にいい感じで嵌まるので、この透明キャップを使うことにしました。

つけペンのキャップ

つけペンのキャップ

本来は、ペン軸T-40が私の手に合えばよいのですが、書き心地が私の好みに合わないため、ペン軸はSL1994を使っています。以下の画像を見てください。ペン先の刺さり具合がこれだけ違います。上がT-40、下がSL1994です。

つけペンのキャップ

T-40はグリップの形状(握り部分が少しくぼんでいる)から、ペンの握り位置を強制されます。その握り位置からペンの先端までの距離が長すぎるため、書きにくく感じるのだと思います。

↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>