今年の初万年筆

最近、木軸よりも漆塗軸に魅力を感じ始めています。漆塗軸のトゥルントゥルンの表面は、見た目の美しさも素晴らしいのですが、指に吸い付くような触感がたまりません。漆塗軸の万年筆だけでなく、漆器にも興味が出てきました。

というわけで、今年の初万年筆はカスタム845朱漆になりました。字幅はBBです。極細好きなのですが、時々、無性に極太でヌラヌラと書きたくなるのです。(^_^;

845朱漆01

カスタム845朱漆は、パイロットの製品ラインナップにはないモデルで、アサヒヤ紙文具店のオリジナル商品です。以前、ナガサワ文具センターから赤漆のカスタム845が販売されていましたが、その時に使われた漆とは違う漆を使っています。アサヒヤ紙文具店の方がオレンジよりの赤です。NAMIKI URUSHI COLLECTIONの「朱」の現行品と同じ漆だそうです。

845朱漆02

天冠、キャップの口、尻軸には漆が塗られておらず、黒い樹脂になってしまっているのがちょっと残念ですね。デザインのアクセントになっているので、これもアリだとは思いますが、これらのパーツも朱漆で塗られていた方がいいなぁ。

字幅BBのヌラヌラを堪能したら、ペン先はカスタム743EFと交換して、ペン習字に使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>