並木恒延 漆芸展 -漆に光と空気を求めて-

並木恒延さんの漆芸展 -漆に光と空気を求めて- に行ってきました。並木恒延さんは、漆絵を制作されている方です。黒漆で塗られた背景に、蒔絵、螺鈿、卵殻といった手法を使って作品を作ります。硬筆書写検定準一級合格の記念で購入した万年筆「月」を制作された野村昌子さんのお師匠さんでもあられます。ちなみに、野村昌子さんはテレビドラマ「チームバチスタの栄光4 螺鈿迷宮」で漆芸の指導や作品提供をされた方です。

並木恒延 漆芸展

並木恒延 漆芸展

今回の展覧会では金蒔絵で描かれた作品が多かったです。漆黒の背景に金粉が非常に緻密に蒔かれていて、絵画なのですが、セピア色した写真を思い起こすような趣きのある作品でした。黒漆で塗られた背景は、吸い込まれてしまいそうな黒さで、そこには目に見えない奥行きや空間を感じさせてくれます。

私の好きな螺鈿を使った作品も多数展示されていました。見る角度によって螺鈿の輝きが変化するので、作品の前でしゃがんだり、左右に頭を振ったりして楽しみました。他の来場者はそんなことしていないので、少し恥ずかしかったですが。(^_^;) 「清流」と「滝桜」という作品が気に入りました。

この漆芸展は、11月30日まで銀座にある長谷川ギャラリーで開催しています。蒔絵、螺鈿、卵殻で装飾を施した万年筆が好きな方なら、きっと楽しめると思いますよ。

にほんブログ村のランキングが見られます。
にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ

広告